ブログ

2014.12.27

インフルエンザ迅速診断機器導入

寒い日が続いていますね。
インフルエンザに感染される方が日に日に増えています。

当院では、従来よりインフルエンザの迅速診断キットを用い、
インフルエンザを疑う患者様に対して検査を行ってまいりましたが、
このたび、新しい迅速診断機器を導入し、発症から診断までの時間がさらに短くなりました。

大きな違いは、
これまでのキットでは、明らかにインフルエンザが疑われる患者さんであっても、
発症初期はウィルス量が少ないために陽性にならないことがよくあり、
確定診断に至らず、日を改めて受診していただくことがよくありましたが、
新しい機器では、発症後2-3時間でも陽性と判定できますので、再診の必要性はほぼなくなり、
早期発見・早期治療に結びつけることができるようになりました。






新規に導入した機器は
FUJI FILMの富士ドライケム IMMUNO AG1 というものです。

copyright(C)FUJI FILM. All Rights Reserved.



FUJI FILMのサイト
インフルエンザ詳細について説明がありますので、ご覧ください。


2014.12.08

「ちゃんと見てる?自分の背中」

女優の桃井かおりさんが
「ちゃんと見てる?自分の背中。」
と呼びかけているTV CMをご存知でしょうか。

これは、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)という病気を知っていただくために
その分野でのお薬の開発を第一線で行っている日本イーライリリー社が提供しているものです。

女性は、
とくに閉経後に骨粗鬆症になりやすく、
知らないうちに背骨がつぶれてしまったり(圧迫骨折)、
ちょっとつまずいて手をついたり、足をぐねった際に、手首や足首の骨を折ってしまったり、
太ももの付け根の骨を折ってしまい、
それが原因で寝たきりになってしまうことがあります。

最近
・背中が曲がってきた
・身長が縮んだ
・腰痛が治らない(重いものを持ち上げたあとや布団を干したあとなどに多い)

などの自覚症状がありませんか?
それは、もしかしたら、背骨の圧迫骨折のサインかもしれません。



 お心あたりのある方は、日本イーライリリー社の
 「いつの間にか骨折」というサイトをぜひご覧ください。



 Copyright (C) Eli Lilly Japan K.K. All Rights Reserved.



骨粗鬆症のお薬には
飲み薬と注射薬があります。
いずれも症状や病態によって、
また患者様のライフスタイルによって
・毎日
・週1回
・月1回
と、さまざまな方法で使えるお薬があり、
当院では、それらを常備していますので、
診察時に担当医までお気軽にご相談ください。
(骨折の程度や症状によって、使用するお薬を決定いたします。
また、随時、大阪労災病院、市立堺病院、阪南中央病院などの整形外科とも連携いたします。)


カレンダー

«12月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

ブログ内検索

フィード

ページの先頭へ