ブログ

2015.02.27

胃カメラの組織診断がスピードアップしました


上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)の際
ポリープや潰瘍だけでなく、炎症の程度が一部強く出ているところがある場合など
その部分の組織を精密検査に出し、ガンとの鑑別を行います(病理診断)。
これまで当院では、この結果が出るまでに2週間ほど要し、
その間、結果が気になって眠れない・・・ などというお声もチラホラ聞こえておりました。

このたび、「株式会社パソネット」と連携する運びとなり、
病理診断のスピードアップが実現いたしました。
これまで2週間かかっていた結果返却が、たった3日 という驚異の速さです。
当院では、土曜日に胃カメラの検査を行っていますので、翌週の火曜日には、結果をお伝えすることが可能になりました。

株式会社パソネットでは、
高速・高解像度デジタル画像システム 「バーチャルスライドスキャナ」を利用し、
採取した標本(胃カメラ時に採取した組織)をデジタルデータに変換し、
病理専門医が診断報告書を作成します。
デジタルデータに変換することで、パソコン上で組織の拡大や縮小を簡単に行うことができ、
これまでのように顕微鏡を使用することがなくなります。

実際に診断に携わっておられるのは、
臨床検査技師の方々と
お二人の実績ある病理医
 ・広島大学医学部病理学名誉教授の井内康輝先生
 ・静岡赤十字病院病理部の笠原正男先生
で、ほぼ100%の確定診断を保障します。

なお、本システムは、
現在国内では、まだ数件の病院が採用しているのみで、
大阪府では当院が初の採用となります。

少しでも早く診断がつき、
患者様の安心や次の治療に
一日も早く結びつけることができれば幸いです。


株式会社パソネットwww.pathonet.co.jp/index.html

2015.02.11

花粉症の時期です

寒い日が続いていますね。
インフルエンザの患者さんは、一時期のことを思うと少し減少したような気配ですが、
まだまだ油断は禁物です。

これから少し暖かくなってくると、
これまで猛威をふるっていたA型インフルエンザは終息しますが、
かわって、B型インフルエンザが流行しだします。
例年、遅い人では5月ごろに罹患されますので、
引き続き、うがい、手洗い、咳エチケットなどの励行をお願いします。

さて、2月に入り、スギ花粉が飛び始めたようです。
昨日のニュースで、東京大手町での飛散が確認されました。

スギ花粉前線の予測(気象協会発表)によると
東京の飛散開始日は、ほぼ予測通りで
この先は太平洋側の広い範囲、そして日本海側から東北地方へと移っていく見込みだそうです。

近畿地方での、スギ花粉のピーク予測は、3月初旬から中旬にかけて ということです。

毎年、花粉症でお悩みの方は、
花粉が飛び始める2週間ほど前から毎日(花粉の時期が終わるまで)
抗アレルギー剤をきちんと服用されることをおすすめします。
症状がつらくなってから、または症状が出たときだけお薬を使う という方が多いかと思いますが、
花粉飛散の少し前からお薬を定期的に使用することで、
辛い症状が半減することがわかっています。

たかが花粉症。されど花粉症。
花粉症の症状悪化は、学業や仕事の能率(生産性)低下に直結します。
早めの治療をおすすめいたします。

当院では、内服薬だけでなく、点眼薬や点鼻薬など
花粉症のさまざまな症状にあわせたお薬を用意しています。
お困りの方は、ぜひご相談ください。

【スマートフォン、iPhone用アプリ】
  「あなたの街の花粉情報」

Google play またはApp Store にて、無料で入手できます。
(使用方法や対応機種については、各自ご確認ください)

2015.02.01

2月の診療のご案内

2月の診療時間などのお知らせです。

【診療時間】(これまでと変更ありません)
 午前診9:00~13:00  1診:藤田環院長 2診:藤田聖子副院長
 午後診17:30~19:30  1診:藤田環院長 2診:なし
  **休診は、木曜午後と土曜午後および日曜祝日終日**

【藤田聖子医師 2月の休診日の予定】
 3日(火)、6日(金)
 (院長の休診予定は、今のところございません。)

【胃カメラ予定】
 14日(土)、28日(土)
 
 

【胃透視および注腸透視予定】
 
 14日(土)


検査方法などでご不明な点があれば、診察医にご相談ください。

カレンダー

«2月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

ブログ内検索

フィード

ページの先頭へ