ブログ

新型コロナの後遺症

2024.03.17

新型コロナウイルスの後遺症

昨日、新型コロナウイルス後遺症についての講演会がありました。
演者は、公益財団法人田附興風会 医学研究所 北野病院・呼吸器内科部長の丸毛聡先生。

呼吸器内科での診療とともに、「新型コロナウイルス後遺症外来」も担当されています。

新型コロナウイルス後遺症(以後 後遺症 と書きます)は
コロナ感染後4週間以上(定義はまちまちだそうです)経過しても疲労感や頭痛が消失せず、
ひどい方はうつ状態になったり仕事に復帰できなくなったり などの大変つらい症状が続く状態をさします。

オミクロン株の流行以降は減少に転じているそうですが、
まだまだ苦しんでいる方がたくさんいらっしゃるのが現実です。
当院かかりつけ患者様の中にも
後遺症のために大きな病院に通っておられる方が何名もいらっしゃいます。
でもほとんどの方が
この辛さはなかなか他人には理解してもらえず
「甘えている」「本当は治っているのに、仕事に行きたくないだけじゃないの?」など
心無い言葉が辛い
とつぶやいていかれます。

後遺症の代表的な症状としては
・ちょっと動いたら疲れる ・慢性疲労
・頭がぼーーっとする(brain fog)・記憶障害
・脱毛 ・貧血 ・食欲低下 ・咳が続く
・自律神経失調症 ・じんましん
・もともとの自己免疫性疾患(リウマチなど)の悪化
などがあるそうですが
驚くべきことに、後遺症の患者様の80%以上に
亜鉛やコエンザイムQ10、トリプトファンの不足があることがわかってきた と丸毛先生は話されていました。
(丸毛先生は初回からこれらのサプリの服用を勧められるそうです)
また、何度も感染している方の中には、初感染時のウイルスが残存している(再燃)というケースもあり
2回目以降の感染時に特効薬(ゾコーバやラゲブリオなど)を服用することによって
これまでの後遺症の症状が消失した というケースもあるそうです。

全ての後遺症がこれらに当てはまるというわけではありませんが
これまでの後遺症外来での経験から

・ワクチンの接種回数が多いほど後遺症発症を回避できる可能性が大
(ワクチンによる副反応の方が大きい方はこの限りではない)
・初期からの特効薬の服用をお勧めすべき
・亜鉛やコエンザイムQ10などのサプリメントの併用も有効

「あくまで私見ですが」との上で、以上のように総括されました。

***********

私自身の経験からしますと、2年前に罹患した際(こんな情報はまだ全然なかったころ)
ワクチン接種はちゃんとしていたし、特効薬も速攻で飲んだし(笑)
なにより数年前から↑に書いたようなサプリは毎日服用していたので
すぐに通常診療に復帰できたのだとすごく納得しました。

ワクチンは今月末までが無償で接種できる期限となり、秋からは有償での接種となります。
当院では接種を今後も続けてまいりますので、お申し込みお待ちしています。

特効薬は、4月1日から完全保険診療となり
メーカーによって異なりますが(5日間の処方で)15,000~30,000円となるようです。
(現在は、3割負担の方で9,000円)
当院で処方可能です。

亜鉛やコエンザイムQ10などのサプリメントは、自費診療となりますが(北野病院でも同様)
MSSのドクターズサプリを取り揃えておりますので、院長までお気軽にお声かけください。

カレンダー

«5月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

ブログ内検索

フィード

サイト内検索

Copyright (C) fujita-clinic.cloud-line.com All Rights Reserved.