ブログ

新型コロナ

2024.03.17

新型コロナウイルスの後遺症

昨日、新型コロナウイルス後遺症についての講演会がありました。
演者は、公益財団法人田附興風会 医学研究所 北野病院・呼吸器内科部長の丸毛聡先生。

呼吸器内科での診療とともに、「新型コロナウイルス後遺症外来」も担当されています。

新型コロナウイルス後遺症(以後 後遺症 と書きます)は
コロナ感染後4週間以上(定義はまちまちだそうです)経過しても疲労感や頭痛が消失せず、
ひどい方はうつ状態になったり仕事に復帰できなくなったり などの大変つらい症状が続く状態をさします。

オミクロン株の流行以降は減少に転じているそうですが、
まだまだ苦しんでいる方がたくさんいらっしゃるのが現実です。
当院かかりつけ患者様の中にも
後遺症のために大きな病院に通っておられる方が何名もいらっしゃいます。
でもほとんどの方が
この辛さはなかなか他人には理解してもらえず
「甘えている」「本当は治っているのに、仕事に行きたくないだけじゃないの?」など
心無い言葉が辛い
とつぶやいていかれます。

後遺症の代表的な症状としては
・ちょっと動いたら疲れる ・慢性疲労
・頭がぼーーっとする(brain fog)・記憶障害
・脱毛 ・貧血 ・食欲低下 ・咳が続く
・自律神経失調症 ・じんましん
・もともとの自己免疫性疾患(リウマチなど)の悪化
などがあるそうですが
驚くべきことに、後遺症の患者様の80%以上に
亜鉛やコエンザイムQ10、トリプトファンの不足があることがわかってきた と丸毛先生は話されていました。
(丸毛先生は初回からこれらのサプリの服用を勧められるそうです)
また、何度も感染している方の中には、初感染時のウイルスが残存している(再燃)というケースもあり
2回目以降の感染時に特効薬(ゾコーバやラゲブリオなど)を服用することによって
これまでの後遺症の症状が消失した というケースもあるそうです。

全ての後遺症がこれらに当てはまるというわけではありませんが
これまでの後遺症外来での経験から

・ワクチンの接種回数が多いほど後遺症発症を回避できる可能性が大
(ワクチンによる副反応の方が大きい方はこの限りではない)
・初期からの特効薬の服用をお勧めすべき
・亜鉛やコエンザイムQ10などのサプリメントの併用も有効

「あくまで私見ですが」との上で、以上のように総括されました。

***********

私自身の経験からしますと、2年前に罹患した際(こんな情報はまだ全然なかったころ)
ワクチン接種はちゃんとしていたし、特効薬も速攻で飲んだし(笑)
なにより数年前から↑に書いたようなサプリは毎日服用していたので
すぐに通常診療に復帰できたのだとすごく納得しました。

ワクチンは今月末までが無償で接種できる期限となり、秋からは有償での接種となります。
当院では接種を今後も続けてまいりますので、お申し込みお待ちしています。

特効薬は、4月1日から完全保険診療となり
メーカーによって異なりますが(5日間の処方で)15,000~30,000円となるようです。
(現在は、3割負担の方で9,000円)
当院で処方可能です。

亜鉛やコエンザイムQ10などのサプリメントは、自費診療となりますが(北野病院でも同様)
MSSのドクターズサプリを取り揃えておりますので、院長までお気軽にお声かけください。

2023.09.18

newsランナー

9月17日夕方、関西テレビの「newsランナー」で
当院での発熱外来の診療の様子が放映されました。

取材を受けたのは、阪神タイガースが優勝した日の午前中(9月15日)。
取材前日の夜に「お久しぶりです!」とディレクターの方から電話があり(1年前に取材担当してくれた人)
「インフルとコロナの両方が流行っているそうですけど本当ですか?」と聞かれました。
「その通りです」
「じゃぁ明日行かせてください!」
となりました。
本来なら15日の夕方に放送されるはずでしたが
「たぶんタイガース優勝の話題一色になるから、そうなったら日をずらします」とTV局側の配慮があり
数日遅れの17日の放送となりました。

こちら(👈クリック)

「なかなかピークアウトしない新型コロナの第9波真っただ中に
例年にはない速さでインフルエンザの流行が始まっています」
という内容になっています。
関西テレビの公式YouTubeにアップされています。
よろしければご覧ください。

(余談)
最近「5類相当なんだから風邪と一緒。コロナコロナと騒ぎすぎ」という言葉を散見しますが
基礎疾患のない健康な人はそれでいいかもしれません。
しかし小さい子供たち、妊婦の方、高齢者の方々など
ちょっとした感染が重大な合併症を引き起こす可能性のある人たちを守らねばならない ということを
今一度ご認識いただきたいと考えています。
「陽性って出たら旅行に行けないから検査は受けない」
「陽性って出たら試合に出られないから検査は受けない」
という方々。
では、その団体の中に「実は感染している」って人がこそっと混じっていたら
ご自身たちは平気なのかしら‥と思ってしまいます。

感染防止対策は手洗いや消毒、マスクなど簡単なことばかりです。
マスクはかなり鬱陶しいけど・・・引き続きしっかりとお願いしたいと思っています。
また、我々に限らず発熱外来をやっている医療機関はみな「地域の方々のため」という一心で取り組んでおります。
医師だけでなく一緒に働くスタッフたちも然り。
みな、自身が感染するかもしれないというリスクと隣り合わせで必死で取り組んでいます。

我々医療従事者の思いを少しでもご理解いただければ幸いです。

2023.05.02

【新型コロナ】いよいよ5類へ(5/8~)

58日から新型コロナ感染症は2類相当から5類感染症へ移行することが決まりました。
それに伴い療養や医療負担などが変わります。

厚労省の指針に基づき、当院でも
①有症状の方の新型コロナ検査(抗原検査およびPCR検査)
②新型コロナと診断された方のお薬代
この2点が保険診療となります
ので、ご注意ください。

当院では引き続き、発熱患者様の受け入れを行ってまいります。
ただ、感染拡大防止の観点から一般の患者様との動線を分ける必要がありますため、
発熱患者様(およびコロナの検査をご希望の有症状の方)には
これまで通り事前にお電話いただく必要がございます。

発熱患者様は別室での検査と診療を行います。
スペースに限りがありますため、必ず事前にご連絡をお願いいたします。
ご連絡なしで突然ご来院の場合、
当院が指定した時刻までご自宅やお車で待機いただくことになる場合がありますので、ご了承ください。

 

5類感染症への移行に伴う変更点の詳細は、こちら(👈クリック)をご参照ください。

2022.09.09

【新型コロナ】自宅療養期間が変更になりました

新型コロナの第7波がようやく落ち着いてまいりました。

さて、すでにご存知の方も多いかと思いますが
感染された方の自宅療養期間が変更になりました(9/7~)。

1.有症状の患者様
発症日をゼロ日とし、7日間は自宅待機。8日目から解除。

2.入院されている患者様
現行通り10日間。

3.無症状の患者様
検査日から7日間待機。8日目から解除。
5日目に抗原検査で陰性を確認した場合は、翌日から解除。

(⇒これはご自身で検査してください。単なる陰性確認でのご来院はお断りしています)

1について、療養期間が短くなったことを喜ばれる方も多くいらっしゃるかとは思いますが、
発症から10日を経過するまでは感染リスクがのこるため、ご家庭内はもちろん
特に赤ちゃんやご高齢の方、基礎疾患がおありの方などに接するときには感染防止対策をしっかりとってください。
また、たくさん人が集まる場所へ行かれることや会食は避けていただきますようお願いします。

自宅療養期間についてご不明な点がある場合は、お住まいの地区の保健所にお尋ねください。

*********************************
本日18:15から、毎日放送「よんちゃんTV」に当院がちらっとうつるかもしれません。
お時間あるようでしたらぜひご覧ください。

2022.07.21

【新型コロナ】第7波 猛威!!

新型コロナの第7波に突入しました。
猛威をふるっています。

当院では、抗原検査およびPCR検査の両方を行っておりますが
患者様の急増に伴い、検査キットが不足してまいりました(入荷に制限がかかりだしています)。
従来はどちらの検査もその日のうちに結果をお知らせしておりましたが
PCR検査につきましては、近いうちに外注方式に変更(外部の検査会社に検体を届ける⇒結果は翌日以降)
となる可能性が大きいことをご了承ください。
(現在も一部の患者様にはこの方式でご了承いただいています)

このような状況下ですので
単なる「陰性確認」でのご来院は固くお断りさせていただきます。


また一般診療でお越しの皆さまへ
発熱患者様の激増に伴い、通常診療の対応に遅れが生じております。
お待たせする時間が非常に長くなっており、誠に申し訳ございません。
お薬の残に余裕をもってお越しいただきましたら、後日お渡し(診察後すぐにご帰宅)ということも可能ですので
ご希望の方は遠慮なくお申し出ください。
この第7波がいったん落ち着くまでの間、ご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

2022.01.23

【新型コロナ】ご自身や身近な方が感染したら

ものすごい勢いで新型コロナ感染症が広がっています。

新型コロナ感染症と診断された方々および同居の方々へ
大阪府および堺市からの通知をこちらで共有いたします。
ご活用ください。

【ご自宅で療養される方・同居の方へ】👈クリック
①自宅療養中に協力していただきたいこと
②自宅療養の解除について
など

【自宅待機者等24時間緊急サポートセンター】👈クリック
①保健所からの連絡がこない場合
②休日や夜間に体調悪化した場合
など

ワクチン接種ができていない年代(保育園や幼稚園など)が感染し
その介護をしているご両親やおじいちゃまおばあちゃまが揃って感染される
という事例や
無症状のため感染に気付かず出社(登校)し
周りに広げてしまっている という事例がたくさん出ています。

ワクチン接種済みの方の感染も多いです。
ワクチンを打ったから大丈夫 という過信は禁物です。

出勤や外出の際だけでなく
ご家庭内におかれましても基本的な感染防止策の徹底を
よろしくお願いします。


当院では、3回目のワクチンご予約受付中です。
接種券が届きましたらお電話ください。
また、初めてワクチンを受けたいという方もOKです。
お電話お待ちしています。

2021.11.10

新型コロナ抗体検査のご案内

当院では、新型コロナウィルスの抗体検査を実施しています。

さて・・・抗体検査って何??と思われた方も多いのではないでしょうか。

新型コロナウィルスの形・・・球状の本体にいっぱいトゲトゲがついている画像を
一度はニュースなどでご覧になったことがあるかと思います。

(Wikipediaより引用)

このトゲトゲの部分は、Sタンパク質(スパイクタンパク質)と呼ばれています。
(変異は、ここの一部の構造が変わり感染しやすくなっていくことをいいます。)
ファイザー社製とモデルナ社製のワクチンは、このSタンパク質の部分を利用したもので、
ワクチン接種
⇒Sタンパク質に対して我々の免疫系が刺激される
⇒新型コロナウィルスへの抵抗力(抗体)ができる
という仕組みになっています。

よって抗体検査は、Sタンパク質の抗体の有無をみる検査
すなわちワクチンによってちゃんと抗体ができているかどうかを調べる検査ということになります。

ただし、こちらは自費の検査(血液検査)となります。
SARS-CoV-2 スパイクタンパク/IgG抗体:5,500円
にて実施しております。
興味のある方、抗体がついていることを証明したい方などなど当院までご相談ください。
(検査会社への外注となります。結果出るまでに数日を要しますので、ご了承ください)

ちょっと補足。。。
コロナウィルスのNタンパク質(ヌクレオチドタンパク質)ついても少しだけ説明しておきます。
これはウィルスの遺伝子の殻を包むタンパク質のことで
コロナにかかっているかどうかの抗原検査をする際のターゲットになる部分です。


(なので、ワクチンを打った人にはSタンパク質のみに対する抗体ができますが
一方、新型コロナに感染した人はSタンパク質とNタンパク質の両方に対する抗体ができるということになります。)


2021.10.09

感染が一気に減った理由(私見です)

新型コロナ、かなり落ち着いてまいりました。
自粛効果もあるかもしれませんが
最大の理由は、8月以降に若い世代の接種が一気に進んだことにあるのではないでしょうか。
外出する機会の多い20代から50代の接種がほぼ完了し
いま、彼らのコロナに対する免疫力は最大の時期ではないかと思います。
実際、堺市の統計をみても、最近の感染者のほとんどが未就学児で
20代から50代までの感染はゼロという状況です。

12歳未満すなわち小学生以下はワクチンが打てていません。
これまでは、オンライン授業や時間差登校などである程度制御できていましたが、
いよいよ本格的に学校が始まり、体育祭や文化祭や修学旅行といった「密」になる行事が重なります。
さらに、緊急事態宣言の解除によって、働き盛りの人達はみな弾けだしています。
梅田や難波の人の多いこと!
ス〇バはお勉強中の学生さんで満員です(汗)
GOTOも再開ですね。
そしてそろそろ、初期に接種を完了した高齢者のワクチン効果が落ちてくる時期になります。。。。

よってちかいうちに
感染拡大がぶり返す可能性はかなり大きいのでは?と思っています。

これまでの抑制から解き放たれたい気持ちはみな同じです。
でも最初のころの気持ちを忘れず、基本の感染防止対策は確実に実行してまいりましょう。
あとワクチンも可能な限り受けてくださいね。
診療所などでの個別接種は受付終了ですが、各区での集団接種はまだ続きますので
接種の機会を逃した方は是非、市のコールセンターにお問い合せください。

さて。。。
3回目のワクチン接種について、たくさんの方からご質問をいただいておりますが
政府および医師会から通達があり次第こちらに記載しますので、今しばらくお待ちください。

2021.08.25

昨日の放送こちらから♪

昨日の「報道ランナー」(関西テレビ)
こちら
(👈クリック)から再生できるようですので
よろしければご覧ください。

今日、たくさんの患者様から
「みたよ~~」というお声とともに
「コロナがこんな怖い状況になってるとは知らなかった」
「ワクチン拒否していたが、やっぱり打つことにしました」
など、様々な感想をいただきました。

新型コロナの現状やワクチンについての正しい情報など
まだまだ一般の方はご存知ないことが多いし
医療従事者として伝えきれていないことも多いと感じる今日この頃です。
今回の報道、ほんのわずかな時間で、内容も限られたものとなっておりますが
少しでも皆さまのお役に立てているならとても嬉しく思います。

2021.08.24

「報道ランナー」

今日の夕方、関西テレビの「報道ランナー」で
ほんのわずかですが
当院での診察風景が放映されました。

昨日のお昼に関テレスタッフの方から連絡があり、
今日朝から撮影&インタビュー、そして夕方には放送・・・
という、なんともあわただしいスケジュールとなりました。

報道は、「第5波」といわれる現在の感染事情や
これから始まる2学期に学校はどのような対応を迫られているか という内容で
そのなかでほんのわずかですが、当院での診療の様子や最近の傾向などをお話しいたしました。

さて・・・
第4波までは、お1人で受診されるケースがほとんどでしたが
第5波に入り、家族全員が発熱し受診される というケースが非常に増えています。
子供さんの感染も増えています。
ワクチン後の感染も増えています。
感染のきっかけが不明な事例も増えています。
今日明日から2学期が始まる学校も多く、子供たちが集団で感染し、それを家庭に持ち帰ることによって
さらに感染が拡大する可能性が大きいです。

感染拡大防止の基本は
手洗い、マスク、ソーシャルディスタンスなどごく簡単なものばかりです。

最近、慣れっこになっていませんか?
自分だけは大丈夫と思っていませんか?
手洗いやアルコール消毒、まめにしていますか?
暑いからと「鼻マスク」になっていませんか?
ちょっとくらい大丈夫~と、マスクなしでの会話が長引いていませんか?

ひとりひとりがちょっと意識するだけで
それが集まると大きな流れに変わります。
引き続き感染防止対策の徹底をよろしくお願いします。

****************************************

取材終了後、関西テレビのスタッフの方々(後列両端の男性たち)と当院スタッフで記念撮影しました。
・・・なぜか私の娘が参加しておりますが・・・笑
(カメラマンの人にテレビカメラ持たせてもらって、大はしゃぎでした)

それにしても、取材陣のタフさには驚きました。
暑いなか、8時から13時過ぎまで、ずっと外で仕事されてまして凄い体力だなぁと思いました。




夜、何名かの患者さまからさっそく「みたよ~」の連絡をいただきました。
夕方のお忙しい時間帯に、わざわざありがとうございました(*^^*)
「見逃したので動画をアップしてください」というご意見も頂戴しました。
できるのかな??
取材スタッフにきいてみますので、しばらくお待ちください。


カレンダー

«7月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

アーカイブ

ブログ内検索

フィード

サイト内検索

Copyright (C) fujita-clinic.cloud-line.com All Rights Reserved.