ブログ

新型コロナ

2021.05.22

【コロナワクチン】【予約方法の再変更】電話での予約可能・事前診察不要

これまで
①かかりつけ患者様最優先
②接種前に受診いただく
という条件にてご予約を受けておりましたが、
ワクチンが十分量供給される目途がたってまいりましたため
本日より
かかりつけ以外の方々の予約が可能になりました。
(かかりつけ以外の方は堺市に住民票のある方にかぎります
⇒堺市外の方は、堺市の区役所でその旨の証明書が必要です。
  かかりつけの方は、その必要はありません。)
さらに
すべての方々につきお電話でのご予約OK(接種前の診察は不要)とさせていただきます。

集団接種の予約が全然取れない・・・
足腰が悪くて集団接種会場に行けない・・・
などなど
お困りの方が沢山いらっしゃったのではないかと思います。
当院のすぐ近くにお住まいの方や、かかりつけ患者様のご家族様など
かかりつけでないという理由だけでお断りすることが度々あり大変心苦しい毎日でしたが、
ワクチンが十分量供給される目途がつき
ようやく多くの方のご予約をお受けすることができるようになりました。
また、当初8月以降とお伝えしていた方も、

7月末までにはご案内できそうな見込みです(あくまで見込みですが・・・)。

ご予約いただいた順番にスケジュール調整し、接種日の1-2週間前にお電話させていただきます。

まだどこにも予約が取れていない!という方は、ぜひ当院にご相談ください。

なお、お電話は診療時間内にお願いします。
時間外は対応しかねますのでご了承ください。

**********************************************************************

写真は我が家のバラ、レオナルドダヴィンチ。
フランスのメイアンというナーサリーのバラです。
椿のピンクを少し柔らかくした感じで、大きすぎず小さすぎず、いい感じのまとまり方です。
ほぼお手入れいらずでた~~くさん咲きます。

2021.05.17

【注意点など】ワクチンの接種が始まります

堺市では5/1から各区において集団接種が始まっていますが
5/19からいよいよ当院でも接種が始まります。

まずは75歳以上の方々が対象となります。
ご予約いただきました順番にご連絡しておりますが
1日に届くワクチンの数が限られていますので、少しお待たせしてしまう場合もあるかと思います。
ご理解いただきますようお願いします。

なお接種当日ですが
ご案内の時刻に30分以上ご連絡なくお越しにならない場合はキャンセル扱いとさせていただきます。
ワクチンは、注射器にセットした時点から約6時間以内に使用しなければなりません。
現時点でワクチンの供給量に限りがありますため、できるだけ廃棄することは避けたく
・ご連絡なく30分以上お越しにならない
・突然キャンセルされた
など、当日の接種予定分に空きがでた場合は
他の日程で予約をされている方に接種いたしますので
この点も併せてご理解ご協力いただきたく存じます。

ワクチンの有効時間の都合上、午前の予約だったけど夜に接種してほしい・・・
というようなご要望には添いかねますのでご了承ください。
(ワクチンは、1瓶から6人分セットするようにできています。よって、お1人様分のみ作成することは不可能です。)

2021.05.10

【コロナワクチン】【予約方法の変更】かかりつけ患者様以外もOKです

新型コロナワクチンの集団接種が開始になり、
本日から一般診療所での受付(75歳以上)が開始となりました。
当院への問い合わせのお電話が増え、電話がつながりにくくなっている状況です。

さて、ワクチンの予約につき
前回こちらでお伝えしたものに少し修正が生じましたので、改めて通知いたします。
ピンク部が修正(追加点)ですので、ご確認ください。

当院におきましては
原則、当院かかりつけの患者様のみ(堺市以外の方も可とさせていただきます
電話でのご予約は受け付けておりません(副作用の説明や現在の病状の確認のため)
ご予約は、ご本人(またはご家族様)がご来院の上、医師に直接お申込みください
かかりつけ患者様以外も受付いたしますが、(この場合は堺市に籍のある方のみ)
ワクチンの数に限りがありますため、かかりつけ患者様を最優先とさせていただいた上でのご案内となります。
当院からご案内できますのは、8月以降になると予想されます。
したがって、集団接種または堺市広報で公表されている接種可能な医療機関へも同時にお申込みいただき、
7月時点でもどこの予約も取れない・・・という方は、当院へご来院の上、接種をお申込みください。
お電話のみでのご予約は受けかねますので、ご了承ください。


電話対応、窓口対応などで混乱が生じております。
ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解賜りますようお願いいたします。

2021.05.04

新型コロナの検査方法

新型コロナの勢いが止まらない状況が続いています。

「コロナにかかる」ということが
なんだか「普通」になりつつある・・・
もう、誰がなってもおかしくない・・・という感じですね。
少しでも体調がおかしいと思ったら、積極的に検査を受けてください。
「多分、ただの風邪だろう。自分の周囲にコロナの人はいないから。」という希望的観測は禁物です。

さて、コロナの検査についてですが
当院では「抗原検査」と「PCR検査」の両方を実施しています。

「抗原検査」は、鼻腔から採取した鼻汁中にウィルスがいるか?いないか?
なんの操作もなしに、その場で判断します。
インフルエンザの迅速検査と同じ方法で、結果は15分でわかります。
ただ、発症から時間があまり経っておらず(発熱などの症状が出てから数時間以内に受診された場合など)、
ウィルス量が少ないと陽性にならないことがあり、注意が必要です。

「PCR検査」は同じく鼻腔から採取した鼻汁をつかいますが、
(唾液の場合は若干陽性率が落ちるといわれています)
DNAポリメラーゼという酵素を用いて新型コロナのDNAを増やす方法です。
抗原検査ではキャッチできなかったウィルスがこれでひっかかる
⇒すなわち、抗原検査で「陰性」でも、PCR検査では「陽性」と出ることがあります。
しかし、これもまた、あまりにウィルス量が少ない時期にやってしまうと、「陰性」と出てしまいます。
実際に、3回目のPCR検査でようやく「陽性」となった方もいらっしゃいます。

当院では、「抗原検査」で陰性と出た方には、必ず「PCR検査」も受けていただたくようにしていますし、
初回にどちらも陰性であったとしても症状が続くようであれば、
何度でも受けていただくことが可能です(有症状の場合は無料)。

ところで最近、「職場の同僚がコロナにかかったので、上司にお前も検査してもらってこい と言われたので来ました」
という方が増えています。
そのような方の多くは、現段階ではお元気でまだ何の症状も出ておらず、
この場合、抗原検査もPCR検査も「陰性」になることがほとんどです。
しかし!! その「陰性」は、たとえPCR検査であっても「その時かぎり」のものなのです。
決して、「明日も明後日も陰性です!」ということにはならない ということにご注意ください。

なお、抗原検査およびPCR検査を受けられた場合
結果が出るまでの間は原則「自宅待機」となりますので、この点もご了承ください。

先日、発熱などの症状があるのにも関わらず、
「コロナの検査は受けたくない!だってGWに帰省できないやん!薬だけ出して!」
という患者様がいらっしゃいました…怒"(-""-)"
( )内は私の心の声。。。。
①検査受けたくない(なんでやね~ん?)
②帰省する(緊急事態宣言出てるんですけど??もしコロナやったらど~すんねん?)
③薬だけ出して(ここ薬局ちゃうで~!)

****
いよいよワクチンの集団接種が始まりましたね。
診療所での接種も近づいてまいりました。
一日も早く国民全員に行きわたりますように!
(私もまだです~~~~!!)

2021.04.18

高齢者向けワクチンの予約などについて

高齢者向けの新型コロナワクチンのご案内です。

■4/20~4/24 接種券が各ご家庭に発送されます。接種の日まで大切に保管してください。
■5/1~     地域会場での接種(北区では堺市産業振興センター)が開始
■5/19~    医療機関での接種が開始
となります。

医療機関へのご予約は
★5/10~・・・75歳以上の方
★5/17~・・・65歳以上74歳以下の方

となっていますが、当院におきましては
当院かかりつけの患者様のみ(堺市以外の方も可とさせていただきます
電話でのご予約は受け付けておりません(副作用の説明や現在の病状の確認のため)
ご予約は、ご本人(またはご家族様)がご来院の上、医師に直接お申込みください

75歳以上の方から優先して受けていただくために、予約の受け付けとお呼び出しを年齢で区分いたします。
65歳以上74歳以下の方々は可能なかぎりご協力いただきますよう、お願いします。

ご予約いただきました患者様には
ワクチンの副反応などについて記載したリーフレットをお渡しします。
接種の前に、必ず熟読いただきますようお願いいたします。

接種は、3週間の間隔をあけて2回行います。
また、副反応の有無を確認するため、接種後15分程度は院内で安静にしていただきます。

以上、当院での簡単な流れを記載いたしましたが
詳細は、
新型コロナワクチン接種ポータルサイトにてご確認ください。
ご不明な点は、診察医に直接ご質問ください。

フラット手描きコロナウイルスワクチンイラスト 無料ベクター

2020.12.17

新型コロナPCR検査について②

当院では11月から、新型コロナのPCR検査を実施していますが
検査にあたり、以下の点をご了解いただきますようお願いします。

①発熱および風邪症状が続くなど、症状の経過から医師が必要と判断した場合に実施する(無料)
②その場合、結果が出るまでは(通常1~3日)、ご本人のみならず同居の方も自宅待機となる
③会社や学校に行くための「陰性確認」目的の場合は、自費となる

最近
・無症状なのに「学校でコロナが発生したから、私もやってほしい」
・会社でちょっとのどが痛いと言うと「陰性の確認をしてもらってこい」と上司に言われた
こんな事例が相次いでいます。
上の3点を説明すると
「タダでやってもらえると思った」とか「会社は休めない」と言われます・・・・・。
「そこを何とかタダで!」と言われた方もいました。

①②③の内容と意味を充分にご理解いただきますようお願いいたします。
特に、学校や会社の管理職にあたる方々、ムヤミヤタラのPCR検査推奨はお控えください。

2020.07.13

新型コロナPCR検査について①

マスコミや一部のネット情報で
新型コロナのPCR検査についての情報が錯そうしているようですが
当院では現時点で新型コロナのPCR検査や抗原検査は行っておりません
保健所におきましても、「コロナでないこと(陰性であること)」を確認するためのPCR検査できません
(症状と検査データから、新型コロナの感染を強く疑うと医師が判断した場合、「陽性であること」を確認するためにPCR検査を行います)

発熱、咳、のどいたなど、風邪症状で来院される方が増えています。
血液検査や胸部レントゲン撮影を行い、普通の風邪であろうと判断した場合は、
一般的な薬を処方し、3-4日ご自宅で様子をみていただきます。
そのうえで、熱が36℃台に下がらない または症状が悪化する などがあれば再度連絡いただき
当院で必要と判断した場合は「相談センター」に連絡をとり、PCR検査につなげます。

しかし、最近なぜかわかりませんが
「ネットでみた」といって、何の症状もないのに当院で抗原検査やPCR検査を希望されて来院されたり、
「PCR検査はだれでも受けられるんでしょう?」といって、すぐに保健所に行くことを希望される事例が相次いでいます。

ご来院の前に今一度、上に書きました①②をご確認くださいますよう、お願いいたします。

カレンダー

«8月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

ブログ内検索

フィード

サイト内検索

Copyright (C) fujita-clinic.cloud-line.com All Rights Reserved.